毎日暑い日が続いていますが、皆さまも猫ちゃんも夏バテしてませんか?

 

さて今回のお話は暑い季節に多い熱中症対策についてです。暑くて湿気の多い場所に長時間居ると、体内の温度が上昇して熱中症に陥りやすくなります。

特に猫は人みたいに汗をかく機能が十分に備わっていない為、体内にこもった熱を蒸散させることが苦手です。

ですからお家でお留守番させたり一緒にお出かけする際には、以下のことに気を付けましょう!

 

<室内編>

エアコンを室温が28℃くらいになるようにつけておく

一室に閉じ込めるような事態にならないように通り道を確保しておく

クローゼットなど狭い所に入り込めないようにしておく

直射日光が当たらないように遮光カーテンなどで遮っておく

部屋の空気が循環するように扇風機やサーキュレーターを回しておく

いつでも水が飲めるように複数ヶ所に水飲み容器を置いておく

寒くなった時用に毛布などの暖を取れるアイテムを置いておく

 

<外出編>

外に連れ出す時はキャリーケースにタオルを巻いた保冷剤を入れておく

たとえ短時間でも車内や屋外に置き去りにしない

炎天下の中を徒歩で長時間移動しない

車移動の際はエアコンをつけて直射日光の当たらない場所にキャリーケースを置く

キャリーケースは通気性が良く、猫の体よりも少し大きめサイズの物を使う

 

以上のような対策をとっていても、猫は極度の緊張や興奮により熱中症になってしまうことがあります。

日頃からできるだけストレスのかからない環境作りを心掛けてあげてください。

 

そして万が一、熱中症になってしまった場合は、意識があるか確認して次のように行動してください。

 

体を冷やす(太い血管が走っている首元、ワキ、内股を冷やす)

近くの動物病院に連絡して指示を仰ぎ、急いで連れて行く

可能であれば水分補給をさせる

 

それでは熱中症に注意しながら暑い夏を元気に乗り切りましょう