肥大型心筋症

病態

心臓の筋肉が何らかの原因で変性を生じることで心筋細胞が肥大し、心拍出量が保てなくなる病気です。甲状腺機能亢進症や高血圧症などによって二次性の肥大型心筋症を発症することは知られていますがその他の原因ははっきりしていません。好発猫種としてアメリカン・ショートヘアーやスコティッシュフォールドなどの純血種があげられます。

症状

軽度な場合は無症状で経過するため気づきにくいことがほとんどです。進行すると肺水腫や胸水貯留に伴う発咳や呼吸困難が認められます。また、突然の血栓症により両後肢の動脈が閉塞して、短時間の間に致命的な転機を辿ることがあります。

検査・治療

主にレントゲン検査、超音波検査、血液検査によって診断します。心臓の内腔や壁の厚さ、収縮力を観察し治療を進めていきます。維持治療は内服薬や食事療法が中心となります。ただし、多量の胸水貯留により呼吸困難を呈している場合は胸腔穿刺が必要となり、後肢が冷たく麻痺した大動脈血栓症の状態では血栓溶解剤の投与や緊急手術が必要なことがあり、いずれにしても緊急処置が必要です。

池堂獣医師からのアドバイス

心臓病は症状が出てから病院に連れていくのでは手遅れになる場合があります。健康診断で偶発的に見つかるケースもよく経験します。上記の猫種やレントゲン検査で心臓が大きいなど指摘されたことのあるねこちゃんは、定期的な健康診断が非常に重要です。

肥大型心筋症

胸水貯留

バレンタインハート