骨関節疾患

病態

日常生活で動くのを嫌がり、痛みを伴い跛行を呈する関節疾患です。近年の報告では、12歳以上の高齢猫の90%以上に骨関節疾患が認められることが報告されており、潜在的な罹患猫はかなりの数がいると考えられています。またスコティシュ・フォールドに特有の骨軟骨異形成症(骨瘤)なども知られています。

症状

活動性が低下したり、足を引きずったりします。触ると嫌がり怒ることもあります。しかしながら、一見普通に歩けているように見えるケースもあり、気づけないこともあります。

検査・治療

主にレントゲン検査で診断します。完治する病気ではないので痛みを和らげてやることが治療の第一目標となります。早期に治療を開始してやることで不快感を軽減し生活の質を向上してあげることが可能です。

池堂獣医師からのアドバイス

関節炎が進行すると、痛みでジャンプしたり走ったりが出来なくなります。痛みによる運動不足はQOLの低下につながりやすいため、鎮痛剤などを用いて痛みの緩和をしてあげると良いでしょう。

スコティッシュホールドの骨軟骨異形成症

スコティッシュホールドの骨軟骨異形成症