5月より猫ちゃんの健康診断キャンペーンが始まり、続々と健康診断を受けにご来院頂いてます。受診された猫ちゃんの中には何も症状がなくても検査結果に異常が認められた猫ちゃんもいます。

最近よく吐く、水をよく飲む、オシッコの色が変、など小さなサインに目を向けてみてください。そして少しでもおかしいと思うことがあれば、一度病院に連れて来てあげてください。定期的に健康診断を受けておくと経時的な変化を比較することができるので、とても有用です。

 

また最近は6歳以下のアダルト期の猫ちゃんの尿路結石の症例によく遭遇します。

突然の体調不良、排尿障害などが主な症状ですが、無症状でも腎臓や尿管、膀胱に結石を作っている場合があります。尿路結石を確認するためには血液検査ではなく、レントゲン検査や超音波検査といった画像検査が必要になってきます。 

  

しばらく画像検査を受けていない猫ちゃんは、一度画像検査も考えてあげてください。

 

レントゲン検査や超音波検査検査などの画像検査は全身麻酔なしでできる検査です。ご飯を抜いてもらったり少しの間、横になって寝転んでもらう必要はありますが、猫ちゃんにかかる負担は大きくありませんのでご安心ください。

 

 

7月末まで健康診断キャンペーンは実施しています。

6/16より診察時間が午後から午前に変更になりますので、ネット予約を入れて頂いた上でご来院ください。