季節が移り変わり、ネコちゃん達の抜け毛が多くなっていることと思います。気付くと部屋中、毛だらけってことも少なくないですよね。動物と暮らしているとこまめな掃除が欠かせません。
ところで、毛玉もれっきとした異物に認定されることをご存知ですか
猫は自分でグルーミング(毛づくろい)をする動物なので、1日の中で何度か身体を舐めているシーンを見かけると思います。グルーミングは毛並みを整えて皮膚の状態を健常に保つために必要な行為ではありますが、舐めることで少なからず身体の中に抜け毛が入り込んでいる事も忘れてはなりません。

では舐めて飲み込んだ毛玉はどうなるでしょうか
少量であれば、便と一緒にいずれ身体の外に出ていくことでしょう。吐いて出すこともあると思います。
次に少しずつ飲み込んで吐くこともなく、身体の中で蓄積していったらどうなるでしょう
いつか吐き出すかもしれませんが、うまい具合に腸の中に入り込んでしまうこともあります。腸は細長い臓器なので、通過している途中で毛玉が動かなくなってしまうことも・・・。

ここで実際に詰まってしまって、手術で腸を切って取り出した毛玉の写真をお見せします。ウンチのように見えますが、これ全部毛玉です!!長さは10㎝近くあります。

 

 

たかが毛玉、されど毛玉。毛玉って怖いですね( ゚Д゚)
特に長毛種は毛が長いまま飲み込むので毛玉も大きくなりがちです。毎日のブラッシングが予防策になります。短毛種も大量に飲み込めば毛玉が詰まってしまう危険性は十分にあるので、抜け毛の季節はこまめにブラッシングしてあげて下さいね