『心筋症』という病気をご存知でしょうか。字の通り、心臓の筋肉に異常を来たす病気です。

 

この病気は加齢と共に罹患率が増加する傾向があります。罹患するリスクの高い品種も報告されていますが、どの品種にも起こりうる病気です。

 

病気の早期には見た目の症状を示さないことが多いので、定期的な身体検査が早期発見のカギと言えます。

 

当院では、年2回実施している健康診断の項目の中に、心臓疾患のマーカー検査を含んだ血液検査のコースをご用意してます。

血液検査でリスクがあるのか調べた上で、疑わしければレントゲン検査、心臓超音波検査、心電図検査などを追加で実施して診断を行います。

 

では、心筋症を発症するとどのような症状を示すのでしょうか。

犬の心疾患では咳を示すことが多いですが、猫はあまり咳をしません。

その代わり呼吸が速くなったり、食欲がなくなったり、動かなくなります。

検査をすると心臓から雑音が聴こえたり、肺や胸に水を貯めていることもあります。

重篤な場合は血管の中に血栓が詰まって、後ろ足が動かなくなることもあります。そこまで進行していると生死にも関わります。

 

つまり見た目に症状を表した場合は、かなり病状が悪化していると言うことです。

本当に健康であるのかを確認する為にも、定期的に動物病院で身体のチェックをしてあげて下さいね(=^^=)