Part.2に引き続き血液化学検査についてお話します。

蛋白や肝臓についてのお話が前回の内容でしたので、今回は血糖、腎臓、膵臓に関するお話です。

<血液化学検査の項目>

血糖値のことで糖尿病や低血糖の診断に用いられます。興奮やストレス、ステロイドの影響により上昇する場合もあります。

・グルコース(Glu

 

膵臓から分泌される消化酵素で、膵炎の指標として用いられます。

・アミラーゼ(Amy)

・リパーゼ(Lip)

 

腎臓から排泄される代謝産物で腎機能が低下すると上昇します。

・尿素窒素(BUN)

・クレアチニン(Cre)

・対称性ジメチルアルギニン(SDMA)

 

骨代謝に関与し、腎臓や副甲状腺の疾患などで変動します。

・リン(P)

・カルシウム(Ca)

 

これらは電解質と呼ばれ細胞の浸透圧調節や体内の酸-塩基平衡(pH)調節、神経伝達などの重要な機能を担っています。

腎疾患、内分泌疾患、脱水、嘔吐、下痢等の様々な病態で変動します。

・ナトリウム(Na)

・カリウム(K)

・クロール(Cl)

 

さて、これで血液化学検査に関する説明はおしまいです。健康診断を受けた後の結果の解釈の参考にな

れば幸いです。次回はホルモンや色々な病気に関わるマーカーのお話をします。