皆さま、こんにちは。

昔から大阪に住んでらっしゃる方はご存知かと思いますが、『太陽の塔』は万博記念公園に立ちはだかっています。

1970年に大阪万博が開催された時に建てられ、それから48年もの間変わらず居続けており、今では大阪のシンボルとも言える存在です。

 

デザインした方は岡本太郎さんで、太陽の塔に4つの顔を作りました。

それぞれの顔には意味もありますが、小さい頃は全く気にせずてっぺんの丸い金色のものが顔で白い羽を広げた鳥のオブジェだと思いこんでいたものです。

 

万博開催時には太陽の塔の地下や内部も展示会場になっていたそうで、今では過去の写真を見て想像するしかないのですが、その内容は素晴らしいものだったようです。

 

今年になって太陽の塔の内部が改修され、一般に公開されることを知りました。

何度かテレビ番組で内部を映し出している映像は見たことがありましたが、一般人は入ることは許されていなかったので昔からとても気になっていました。

そんな折、48年ぶりに一般公開されるという話を聞き、絶対見に行こう❢と決心しました。

 

予約制なのでネットで日にちと時間を予約して行くのですが、行ったら結構な人が見に来ていました。

でも時間ごとにスタッフさんが案内してくださるので、とてもスムーズに観覧して回ることができます。

内部は当時を再現していて昔のままが残る部分もあり、まるで48年前にタイムスリップしたような錯覚を覚えつつ、時代の流れを感じさせられました。

そして時が流れても当時と同じように感動を与えてくれる展示物の影響力の強さに感銘を受けつつ、会場を後にしました。

 

あまり詳しくお話すると楽しみが半減してしまうので多くは語りませんが、生き物の進化に興味のある方は是非見に行くことをオススメします❢

外からも中からも『太陽の塔』を堪能できること間違いなしです😊