猫の爪切りをお家でされていますか?
猫は爪研ぎをすることで古い爪を剥がし、新しい爪を露出させます。
猫の爪は木の年輪のように新しいものは内側、古いものは外側に被さっているのです。

それゆえに爪研ぎをあまりしなくなった高齢猫ちゃんはどんどん古い爪が被さったままの状態になり、それがいつしか肉球に刺さってしまうことがあります。

爪はゆっくりゆっくり伸びて行くので、歩き方がおかしくなった頃にはしっかりと爪が肉球に刺さっていて酷い痛みを訴えます。

治療を行うことで外傷は治りますが、爪切りをせずに過ごしていると再び刺さってしまいます。

そうならない為にも定期的(1~2ヶ月おき)な爪切りを心がけてあげてください。
もしお家で爪切りが難しい場合は、病院で爪切りをしますので連れてきてあげてくださいね