ノアのねこ舟専属獣医師の池堂です。

以前から来院して頂いている方はご存知かもしれませんが、私は数年前まで黒猫3匹と暮らしていました。

その子たちはとても長生きをしてくれましたが順に旅立っていき、昨年5月には最愛のチャチャという黒猫を21歳で看取りました。

それ以降、チャチャが生まれ変わって再び私の目の前に現れてくれることをずっと夢見て過ごしてきました。

 

家には先住猫や犬もいるので新しい子を迎え入れるにはハードルが高く、なかなか良い出会いはありませんでした。

それでも探し続けて、ようやく今年の5月に良い巡りあわせが訪れました。

 

保護猫カフェで保護されていたまだ目も開いていない黒猫の女の子。キジトラの男の子と2人兄妹で、1カ月ほどカフェで育てられました。

5月末に家族となることを決心し、6月中旬に家に迎え入れました。

 

ただ、皮膚糸状菌症というカビの病気にかかっている可能性があったので、家では隔離状態+治療の毎日です。

なので今はケージ越しに先住猫&犬に会わせて徐々に慣れさせています。

 

名前は『ルネ』といいます。

カフェで保護されていた頃はおっとりした様子でしたが、最近ではとってもオテンバ娘です!

ジャンプが得意なのでスパイダーマンになるべく毎日柵をよじ登ってぶら下がってます。

これからどんな子に育つのか期待と楽しみを胸に共に生きていこうと思ってます。

皆様、新入り『ルネ』をどうぞ宜しくお願いします。