ある日、大阪城近くの道を歩いていると1匹の茶トラ猫に出会いました。

その子は歩道の端から行き交う車を目で追って眺めていました。人を怖がる様子はなく、声をかけると振り向いてもくれました。

数時間後、近くで用事を済ませて再び同じ道を歩いていると、まだ同じ場所にさっきの茶トラ猫が座っていました。

すでに辺りは暗くなり、あまり周囲の状況がわからない状態で、よく目を凝らしてみてみると植木の隙間から1匹、2匹、3匹・・・とあちらこちらから猫が現れるではありませんか。

そんなにたくさんの猫が隠れているとは思ってもみなかったので、もしかしたら猫集会が開かれる集合場所だったのかもしれません。

皆まるまるとしていたので、地域猫として可愛がられているのでしょうね。

自由気ままな外猫さんの幸せそうな姿をみると、ほっこりさせられます(*^-^*)