前回の「ミミヒゼンダニ」に引き続き、今回もダニのお話です。

『猫疥癬』という病気があり、これは「ネコショウセンコウヒゼンダニ」というダニが原因で痒みをもたらします。

 このダニが寄生すると激しい痒みを伴う皮膚炎が起こります。

 

ダニに感染している動物と接触することでうつるので多頭飼いのおうちは気をつけましょう。また一時的にヒトの皮膚にも感染することがある(人獣共通感染症)ため、飼い主さんも注意が必要です。

 

症状は耳を中心に顔や首にフケなどの症状が現れます。重症になると症状は全身に広がります。

検査は病変部の皮膚を掻きとり顕微鏡で観察します。

  

治療は注射薬やスポット剤の塗布を行いダニの駆虫を行います。

治療期間は1-2ヶ月程度です。