今回から外耳炎を引き起こす原因でよくあるものについて詳しくお話していきます。

ついこの間も診察で発見しましたが通称『ミミダニ症』と言われ、ダニの寄生が原因で起こる外耳炎があります。

「ミミヒゼンダニ」というダニが耳の中に生息しダニは耳垢や傷ついた皮膚のかさぶた、体液などを栄養源として生きています。

子猫での感染が多く見られますが他の猫や犬にもうつることがあるので同居の子がいるお家は注意が必要です。

症状は多量の黒~茶色の耳垢と痒みです。ほとんどが外耳道に症状を現しますがまれに外耳道以外の首や下半身の皮膚に寄生し痒み・湿疹・カサブタなどの症状が出ることもあります。

耳垢をとって顕微鏡で検査をするとダニの虫体や虫卵が認められます。

治療は背中の皮膚に滴下するスポット剤や注射薬を用いてダニの駆除を行います。

治療期間はおよそ1~2ヶ月間で、駆虫薬の投与と共に耳の洗浄を行いながらダニがいなくなるまで治療を続けます。